側弯症を改善するには手術を受ける|今後の生活の過ごし方

血管が膨らむ

カウンセリング

脳の血管が一部膨らんだ状態は、脳動脈瘤と言います。これは、1.5から5%ほどの割合で有していると思われており、その内の0.5から3%は破裂してくも膜下出血などが起こるとされています。人によっては、脳動脈瘤は生まれつきだと思っていて発見しても放置している人が多いのですが、これは生まれつきではなくて40代以降に起こることが多いです。これは、ちょうど体機能が急激に低下する年代が大きく影響しており、特に女性は更年期に突入することも影響しているとされています。ですから、年を重ねると同時に健康診断を定期的に受けることが大事なのです。健康診断を受けるだけで、脳動脈瘤の早期発見を行なうことができますし、治療法も確立されていますから適切な治療を受けることができます。

ですが、脳動脈瘤を見つけたとしても破裂するかどうかの判断は現代では行なうことができません。その為、そのままにしても破裂しないこともあれば、発見してすぐに破裂するということもあります。どれほどの確率かといえば、100人中二人は脳動脈瘤が破裂してしまってくも膜下出血が起こるとされています。それに、破裂しなくても脳動脈瘤があるという時点で精神的な負担を感じるようになります。そうなると、まだ大丈夫でも除去したいと思うかもしれませんが、必ずしも除去できるかといえばわかりません。それに、医師の診断結果によっては今すぐではない場合もありますので、見つかった時はこういったこともあるというのを頭に入れておいたほうがいいでしょう。